お知らせ

企業コンセプト

「常に高い志で、無事故・無災害を目指します」

サンキサービスは、“無事故・無災害”を最重要課題と捉え、社員一丸となって常に「安全」を心掛けてお ります。日々安全に関する見識を深め、意識を高めることで、“安心・安全”な建築工事を行います。

建設機械オペレーターとは

タワークレーンオペレーターとは?

高層建造物の建築現場において、丁寧・慎重に重い荷物を移動させます。

XX

タワークレーンは、主に高層ビルや大型建築物の建築の際に使用される建設機械です。高所における、重い荷物の吊り上げや移動を行います。建物の敷地が狭く、重機などの設置スペースがない建設現場に適しています。このタワークレーンを運転・管理するのが、オペレーターの仕事です。

オペレーターは、タワークレーンに異常がないか点検し、異常があれば調整したり整備員に連絡したりするなど、適切な処置を施します。また、クレーンを操作するときには、下にいる作業員からの無線の合図を頼りに行う場合があり、微妙な速度調整やミリ単位での移動など、非常に細かい作業が求められます。最近では、細やかさを活かせることから、女性のタワークレーンオペレーターも増えています。

タワークレーンオペレーターに必要な資格

「クレーン運転士免許」と「玉掛け技能講習」で、必要な知識・技術を習得します。

XX

一般的に、クレーンオペレーターには「クレーン運転士免許」と「玉掛け技能講習」の2つの資格が必要です。クレーン運転士免許は国家資格の一つであり、この免許を持つ人は、吊り上げ荷重5トン以上を含めすべてのクレーンを操作することができます。

「玉掛け技能講習」は、ワイヤーロープなどの用具を使って荷を吊り上げるための準備から玉はずしまでの一連の作業において、必要となる資格です。クレーンの運転作業と同時に玉掛け作業を行う場合、必ずクレ ーン運転士と玉掛け技能講習の資格が必要となります。

クレーンと玉掛けの両方の知識・技術を身に付けた人が、タワークレーンのオペレーターとして活躍して いるのです。

サンキサービスでは、免許や資格を有していない人であっても、入社後に取得できるよう支援しております。知識と技術の両方を有した、安全意識の高い人材の育成にも取り組んでおります。

タワークレーンオペレーターの仕事

完成した巨大な建築物を見たとき、大きなやりがいや達成感があります。

タワークレーンオペレーターの仕事

タワークレーンオペレーターの仕事は、危険が伴っていたり、高度な技術力を求められたりするため、簡単な仕事であるとは決していえません。しかし、サンキサービスの仕事は、規模の大きなものが多く、工事が完了したときの達成感は何物にも代えられません。現場にいる多くの作業員と何度もやり取りをしながらできあがった建築物を見ると、非常にやりがいを感じられるはずです。もちろん、大きくて重い荷物をセンチ単位、ミリ単位で動かすには、細やかで丁寧な技術が必要になります。その高い技術力を身に付けたとき、人間としての成長も一緒に感じられるのではないでしょうか。

このように、タワークレーンオペレーターの仕事には魅力的なところが多くあるのです。高層建造物の建築は今後も増えていくことが予想され、タワークレーンオペレーターの需要は増えていくでしょう。

  • XXX 歴史に残るような知名度の高い高層建造物に携わることができます。
  • XXX 高層建築においてタワークレーンは欠かせない揚重機であり、したがってタワークレーンは必要不可欠な存在です。
  • XXX タワークレーンは現場の一番高い場所での作業なので、常に綺麗な眺望での仕事になります。

実績

  • 【竹中工務店】
  • 晴海アイランドトリトンスクエア
  • 汐留シティセンター
  • 汐留住友ビル
  • 東京ミッドタウン
  • 新丸ビル
  • 飯野ビルディング
  • 新宿東宝ビル
  • 【清水建設】
  • ワールドシティタワーズ
  • 歌舞伎座
  • 丸の内永楽ビルディング
  • 大手町フィナンシャルシティノースタワー
  • 順天堂医院B棟
  • 東工大すずかけ台キャンパスJ2棟
  • COREDO室町2
  • COREDO室町3
問い合わせはこちら サンキサービス株式会社 TEL: 03-3262-8591
採用情報
クレーンオペレーターとは サンキサービスの魅力 実績

対応エリア

タワークレーンオペレーターなら
サンキサービス株式会社にお任せ
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城

対応エリア
ページTOPへ